有限会社 イーワークス

LINEで質問・相談する TEL:0123-33-5555

ホーム  »  派遣と法令  »  みなし労働契約申込制度(派遣と法令)

みなし労働契約申込制度 (派遣と法令)

 派遣先企業が、下記1~4に該当する事を知りながら、派遣労働者を受け入れている場合、その違法状態が発生した時点で派遣先企業が派遣労働者に対して労働契約を申し込んだとみなす制度です。
 平成27年10月1日から施行されます。

みなし労働契約申込制度の適用例

  1. 派遣労働者に、派遣禁止の業務で勤務をさせている(警備・建設業務など)
  2. 無許可・無届で営業している派遣会社からの労働者派遣を受け入れている
  3. 派遣受け入れ期間の制限(抵触日)を超えて、継続して労働者派遣を受け入れている
  4. 請負等の名目で、労働者派遣を受け入れている(いわゆる偽装請負)

みなし労働契約申込の起算日と労働条件について

 みなし労働契約申込が発生する事案が起きてしまった場合、その申込が始まる日(起算日)は、その違法な派遣での勤務が終了した日からとなり、申込の期間は1年間と定められています。
 派遣先企業は1年間の申込を撤回する事はできません。
申込から1年間で、当該スタッフから勤務希望・承諾が無い場合は、この申込は無効となります。
また申込の労働条件は、元々当該スタッフが派遣元会社と締結していた雇用契約と同等以上でなければならないと定められています。

派遣と法令

TOP